IPL光脱毛器は黒い色素に反応するため、ある程度黒い毛を残しておく必要があります。

前日までにあらかじめカミソリやシェーバーなどで照射したい箇所を処理しておきましょう。

ただし、万一剃毛で脱毛部分を傷つけてしまった場合は、IPL光を照射するのは避けて、傷が治ってから改めて施術するようにしましょう。

傷があるのにIPL光を照射してしまうと、さらに傷がひどくなる可能性があります。

また、早く脱毛の効果を実感したいからとといって強い出力レベルで照射を繰り返して使用すると、お肌が刺激を受けて低温火傷や炎症が起きたりすることがあります。

少し時間がかかっても、決して無理をせず安全に使用することをお勧めします。