女性が妊娠すると体にはいろいろな変化が起こります。

それは、おなかの赤ちゃんを守り妊娠状態を継続させるために必要な黄体ホルモンが大量に分泌されホルモンのバランスが大きく変化するからです。

そのため体毛が増えたり濃くなったりすることもあります。

そのため、妊娠期間中にIPL光脱毛器を購入されて自宅でケアしようと考える方もいると思います。

IPL光自体おなかの赤ちゃんに影響を与えることはありませんが、妊娠中は肌も今まで以上に敏感になっていますので少しのIPL光を照射しただけでも痛みを感じたり皮膚に刺激を与えたりする場合もあります。

なので、妊娠中は特にデリケート部分のIPL光脱毛器の使用は避け、ウデや足、ワキなど痛みを感じにくい部分で使用することをお勧めします。

出産後は妊娠中から引き続き、ホルモンの分泌バランスが変化します。

妊娠中の黄体ホルモンから母乳を生成させるためのプロラクチンやオキシトシンというホルモンの分泌が活発になります。

その影響で妊娠中よりも体毛が増えたり濃くなったりすることもあります。

出産後はお肌の状態そのものが敏感で揺らぎやすいため、出産前に比べてより痛みを感じやすい傾向いあります。

妊娠中と同様に特にデリケート部分のIPL光脱毛器の使用は避け、ウデや足、ワキなど痛みを感じにくい部分で使用することをお勧めします。

ウデや足、ワキなどにIPL光脱毛器を使って、少しでも痛みを感じたら無理に使い続けずに、まずは、お肌の状態に合わせて負担にならないタイミングで施術を行いましょう。